自助作用で生活リズムを整える東洋医学のQ&Aサイト

ログイン無料ユーザー登録

先週の訪問者 1064人
累計の訪問者: 13956人

カテゴリ

過去アーカイブ

東洋医学から学ぶ 腰痛の8割は原因不明 腰の筋肉をつけて腰痛予防

腰痛に悩む人は多いですが、約8割が原因不明と言われています。

腰痛には腰椎椎間板ヘルニア,脊柱菅狭窄症、脊椎分離症、腰椎分離すべり症など様々な種類があります。
他にも重い荷物を持ち上げたり、急な動作をした際におこる「ぎっくり腰」や、「スポーツなどの疲労」によるものなど様々です。

また腰痛によっては、内科や婦人科の病気が関係している場合もあります。

症状や病気によって対処の仕方が違うので、まず整形外科専門医を受診して痛みの原因を知ってください。その結果、医師の指導の下、国家資格を持つ施術者がいる整骨院や鍼灸院などで診てもらうようにしましょう。

 

 

整形外科でレントゲン撮影をしてもらっても異常なし!どうすればいいの?

整形外科でレントゲンやMRI検査で異常がないと診断された場合でも、異常がなかったから問題がないとはいい切れません。1つの病院で結論をださず、専門医を受診して、どういう時にどこが痛むのか、どういう姿勢の時に痛みが強まるか、生活習慣など丁寧に説明することで根本的な痛みの原因を知りましょう。

その上で、国家資格を持つ施術者がいる鍼灸院、マッサージ院、整骨院等で痛みのケアをすることをお勧めします。

 

 

腰痛のマッサージ治療とは

腰痛に対するマッサージでは、擦る、揉む、圧迫などの刺激を加え、

血行やリンパの流れを良くする

筋肉の弾力性や柔軟性を高める

神経の興奮を抑制する

関節の可動域を広める

ことにより、腰の「こり」や「はり」を取り除き 腰痛改善・腰痛予防します。

 

 

腰のメンテナンスは気づいた時が始め時

筋力は年齢とともに衰えてきます。

女性の場合は、お産などによって骨盤が開き、O脚になりやすいく、腰痛がおきやすいと言われています。男性も高齢になると筋力が衰え腰痛になりやすくなります。

腰痛に限らず、骨盤や股関節、ひざ関節、足関節などの痛みや不都合もすべてが筋肉の衰えが原因です。

若いころは何でもなかったことが、女性なら更年期が始まる40代頃から重いものを持ち上げた拍子にギックリ腰になってしまうことが多く見られます。

症状が軽くなったからといって重いものを持ったり同じ姿勢を取り続けていると、何度もギックリ腰をくり返してしまいます。

腰が気になりだしたら、気づいた時が始め時です。

 

 

自分でもできる腰痛ストレッチ

チャイルドポーズ

①四つん這いになり、両手は肩幅に、足は腰幅に開きます。

②ゆっくり息をながら、お尻をかかとの上に乗せます。

③ 両手を前にすべらし、おでこを床につけます。

腰が痛かったりお腹が邪魔するなどでポーズがとりにくいときは、座布団などを敷いておこないましょう。

 

・コブラのポーズ

①うつ伏せになり、足を腰幅に開き、両手は胸の横におきます。

② 息を吸いながら両手で床を押し、上体を起こし、反らしたまま呼吸を10〜30秒続けます。

このポーズは難度が低い割に、腰痛の緩和に効果があります。

上半身を反らすときに胸筋がストレッチされ、肺に酸素が入りやすくなります。

 

橋のポーズ

①仰向けになり、両膝を曲げて足を床の上に置きます。

②かかとがひざの下にくるように足の位置をセットします。

③手は手のひらを上にして伸ばします。

④背中をマットから離すようにして、おへそを高く持ち上げます。

難易度も低く、腰痛にも効果がありますが腰を反らし過ぎたり首を伸ばし過ぎると逆効果になるので、無理なポーズをとらないようにしましょう。

 

立ち前屈のポーズ

①両足を揃えてまっすぐ立ちます。
②息を吐きながら上半身をゆっくりと倒します。
③背筋を伸ばし頭を床の方へ近づけ、体を2つに折りたたむようにします。

 

 

まとめ

腰痛は持病だからとあきらめることはありません。

毎日の生活の中に軽い腹筋簡や簡単なストレッチ、スクワットなどを取り入れ、意識して背筋を伸ばすなどで、お腹まわりに筋肉がつき、筋肉のガードルができます。

下半身の筋肉の量が増えると、姿勢が良くなり、腰痛も改善されます。

整骨院など適切な施術とアドバイスを受けながら腰痛対策をおこないましょう。