自助作用で生活リズムを整える東洋医学のQ&Aサイト

ログイン無料ユーザー登録

先週の訪問者 1284人
累計の訪問者: 35033人

カテゴリ

過去アーカイブ

今年の汚れは今年にうちに ごま油の力で根こそぎデトックス アーユルヴェーダ

お家で出来るアーユルヴェータ

 

オイルうがいをご存じでしょうか。オイルうがいは東洋医学の一つであるアーユルヴェーダの健康法の一つで、ごま油を口に含んでうがいをすると、体に良い効果がたくさんえられます。今回は「オイルうがい」についてご紹介します。

 

 

オイルうがいのデトックス効果

 

ごま油の健康効果・効能とは、

純白ごま油の効果効能について

 

〇リグナン:抗酸化作用で肝臓を助ける

リグナンはポリフェノールの一種で強い抗酸化作用のある成分です。

 

人間は主に肝臓で抗酸化作用をしています。日常生活で、添加物や農薬・アルコールの過剰摂取をすることで、肝臓が疲れてしまい抗酸化がうまくできないことがあります。

そんな時に、ごま油を摂ってリグナンを摂取しておくと、リグナンによって抗酸化されることで肝臓を休ませることができるんです。

 

〇リノール酸:生活習慣病予防に効果が期待

リノール酸はオメガ6と呼ばれ、不飽和脂肪酸の多価飽和脂肪酸の一つです。

 

血中のコレステロールを下げ、心臓病など生活習慣病を予防するとされています。

人間の組織が正常に動きために必須の栄養素ですが、体の中では作り出すことができません。食事の中から摂取していくしかない栄養素です。

 

〇リノレン酸:悪玉コレステロールを減らす

リノレン酸はオメガ3と言われ、人間が体内で作り出すことができない必須脂肪酸です。

 

リノレン酸の重要な効果は、悪玉コレステロールを体外に排出する効果です。

悪玉コレステロールが多いと、血管の壁に張り付き血管の通りを悪くしたり血栓の原因になります。動脈硬化や脳疾患などの原因になるので、リノレン酸を摂って悪玉コレステロールを排出することはとっても大事なことなんです。

 

〇ビタミンEで抗酸化と免疫力アップ

ビタミンEはほうれん草やブロッコリーに多く含まれる抗酸化の強い栄養素です。

 

さらに、ビタミンEは体の中に入るとビタミンAに変化し、目や喉・肺などの粘膜の保護をしてくれます。

粘膜が強くなることでウィルスの体内侵入を減らすことができるので、免疫力アップ効果が期待できます。

 

〇ゴマグリンナンでさらに抗酸化

ごま油の中に1%程度ゴマグリナンという微量の栄養素が含まれています。

 

「セサミン」という聞き覚えのある成分もゴマグリナンの一種です。ゴマグリンナンもビタミンEと同じく抗酸化の強い成分です。ごま油は、他の油に比べて酸化しにくい油です。

この酸化しにくさは、ゴマリグナンの抗酸化力によるものです。

酸化は鉄の錆びと同じく、体を錆びさせます。酸化は老化やシミや生活習慣病などの原因となるので、エイジングケアを気にされる女性には特におすすめでの油です。

 

〇ごま油は便秘にも効果的

ごま油には滑腸作用という作用が期待できます。滑腸作用とは、ごま油の油分で便が出やすくなることを言います。

 

 

 

オイルの口内吸収によるデトックス効果とは、

 

ごま油の健康効果や効能を簡単にえるための方法として、毎朝のオイルうがいを実践してはいかがですか。

 

①口内炎や歯周病、知覚過敏や口臭などの口腔内トラブルの改善や予防

40代以上の日本人の約80%以上が歯周病にかかっていると言われています。健康な人の口内にも虫歯や歯周病の原因となる細菌はたくさんいます。その細菌をオイルが磁石のような働きをして口内細菌を排出。オイルでうがいをすることで、口内を清潔に保ちます。

オイルで菌を絡め取り、免疫力UPの健康体へ導く効果が期待でき、体の不調を回復します。

 

②顔のシワやたるみ、ほうれい線などの顔の老化サインの予防や改善

オイルでうがいすると、口の中からオイルが体に浸透し毒素を排出するデトックス効果や便秘解消にも効果を発揮します。私たちの体は毒素排出の際、とてもエネルギーを消耗します。オイルでうがいするだけで、体のエネルギーをお消耗せず毒素を外へ誘導します。

またオイルうがいで口をクチュクチュすることで表情筋が鍛えられ、顔のたるみやほうれい線予防の効果があり、その間にオイルの成分が経皮から吸収され、体内の血液が綺麗になり、肌に透明感が生まれます。しっかり筋肉を使うため、リフトアップ効果も。肌のハリや血色も良くなります。

 

③体内に侵入するウイルスや細菌などの異物から体を守り免疫力を上げる

口の中にある細菌や、侵入してきた細菌を外へ排出するので、喉の痛みや花粉症の改善に効果があります。オイルのデトックス効果で免疫力が上がるため、アレルギー症状の緩和を期待できます。細菌が体内に入り込む前にオイルで排出できるので、風邪予防につながります。

 

などの様々な効果が期待できます。

 

 

 

オイルうがいの方法

 

オイルの作り方

純白ごま油キュアリング

 

ごま油には、料理で使われる茶⾊の「焙煎ごま油」と、⽣のごまをしぼって作る「ごまサラダ油」の2種類があります。⽇本では、⽵本油脂から販売されている「太⽩胡⿇油」、かどや製油から販売されている「純⽩ごま油」の2つがオイルうがいに適しています。

 

キュアリング(加熱)の方法

キュアリングすることで抗酸化作用をもつセサモールが生成されます。

 

⼿順 ①:「太⽩胡⿇油」または「純⽩ごま油」1ビン(500ml)を鍋に⼊れ、弱⽕であたためます。

 

⼿順 ②:温度計で静かにかき混ぜながら、105〜110℃になったところで⽕を消します。

 

⼿順 ③:そのまま20〜30分冷まし、あら熱がとれたら、ビンや密閉容器に⼊れます。冷暗所に移して保存しましょう。

 

 

オイルうがいのタイミングとやり方

 

毎朝歯磨きや舌のクリーニング後にオイルうがいを行いましょう。

 

手順①:オイルを大さじ1杯、口に含みます。

手順②:歯の隙間、表面、口の中全体に浸透するようにブクブクうがいしましょう。

手順③:15~20分うがいを続けます。(初めは5分からでもOK。)

手順④:時間が経ったら、ビニール袋に吐き出して終了。

※水でうがいをするように、上を向いてガラガラさせる必要はありません!

 

うがいをしていると、唾液がたくさん出てきてオイルと混ざり水っぽくなってきます。そのため、口の中のベトベト感はなくスッキリします。

 

 

まとめ

オイルうがいをすることで、様々な効果がえられます。

今年の汚れは今年のうちに!歯磨きと同じ、当たり前の習慣としてオイルうがいを日々実践してはいかがですか。口内予防で美肌効果、免疫力向上を手に入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加