自助作用で生活リズムを整える東洋医学のQ&Aサイト

ログイン無料ユーザー登録

先週の訪問者 2754人
累計の訪問者: 20331人

カテゴリ

過去アーカイブ

東洋医学から学ぶ 疲れ目やかすみ目に効果的な簡単薬膳レシピ

簡単薬膳レシピ

 

目が疲れてクマができる、ピントが合わずかすんで見える…そんなときは肝臓が疲れているサインかもしれません。

薬膳を利用して、目=肝臓の負担を軽減してあげましょう。

 

 

疲れ目やかすみ目の原因

パソコン作業が多いと目を酷使し、目が疲れます。更に悪化するとドライアイ等になる危険性も。東洋医学では疲れ目は、肝機能の低下が原因と言われています。肝臓の働きが衰えて血液の循環が悪くなると、必要なところに十分血液が巡らなくなり、目の状態にも影響してきます。薬膳で肝臓=目を和らげる食材を使って、普段から薬膳ケアをしていきましょう。

 

 

疲れ目やかすみ目に効果的な薬膳レシピ

 

疲れ目やかすみ目に効果的な食材

 

東洋医学で肝臓や目を強める食材は、米酢、リンゴ酢などのお酢、レモンやざくろなどの柑橘類があります。他にはトマトや豚肉、リンゴ、すもも、杏、ヨーグルト、梅なども有効です。肉類ではレバーやスッポン、野菜ではニンジン、セロリ、カブ、セリ、アスパラガス、貝類のシジミ、アサリ、ハマグリも肝臓の機能を高めてくれます。

野菜は春先に出てくるものが多く、カリウムをはじめとしたミネラルが豊富に含まれています。

 

目の症状を和らげる「セロリとアスパラとアサリの栄養満点炒め」

 

 

準備するもの(2人前)

・アスパラガス 1束

・セロリ(茎) 1本

・ミニトマト 6個

・アサリむき身 60g

・白ごま 大さじ1

・塩コショウ 適量

・オリーブオイル 適量

・ニンニク 1片

 

薬膳の作り方

1)アスパラガスは根本を切り落とし、繊維が多そうな根元側をピーラーで繊維をとる。アスパラとセロリを斜め切りして、ニンニクを細かく切る

 

2)フライパンにオリーブオイルを入れて、弱火で温まってきたところにニンニクを入れる。香りが出てきたら、アスパラガスとセロリとアサリとミニトマトを入れて中火で2分~3分炒める

 

3)塩コショウで味を整えて、最後に白ゴマをふって完成

 

ポイント

アスパラガスの繊維をきちんと取ること。旬であれば問題ないですが、それ以外の季節は根元の繊維が固くなります。手で触って必要なところは、ピーラーで削いでいきましょう。

お好みでレモン汁をふりかけても、爽やかに仕上がります。

アスパラガスはアスパラギン酸やルチン、セロリはカリウムやビタミンUなど栄養素が豊富なので、いろんな側面から体の調整をしてくれます。

 

 

まとめ

目薬やアイマスクなど、目の疲れに効果的なアイテムはたくさんありますが、あくまで一時的なもの。薬膳で疲れ目を補う栄養を補って、疲れ目知らずになりましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加