自助作用で生活リズムを整える東洋医学のQ&Aサイト

ログイン無料ユーザー登録

先週の訪問者 2752人
累計の訪問者: 20329人

カテゴリ

過去アーカイブ

東洋医学から学ぶ 胃痛に効果的な簡単薬膳レシピ

簡単薬膳レシピ

 

キリキリと痛む胃痛に苦しんでいる方は多くいらっしゃいます。

東洋医学では胃が痛む時は、ストレスで悩みや心配事がある時と言われています。

今回は薬膳をつかって身体の消化を助ける食事を照会します。

 

胃痛の原因は?

 

胃は口から入った食べ物を蓄える臓器で、消化と消毒を行います。

胃がうまく働かないと、小腸へ食べ物をうまく起こることができず、消化不良を引き起し、胃痛の原因となります。

そのような消化不良となる最も多い原因は、ストレスのです。

胃痛を和らげる薬膳をご紹介しますが、日常生活で胃に負担がかからない、悩みと上手く努力も同時におこないましょう。

また痛みが続く場合は、他病気が潜んでる場合がありますので、ひどい痛みが長期間続く場合は医療機関に受診しましょう。

 

 

胃痛に効果的な薬膳レシピ

胃痛に効果的な食材

東洋医学では胃と心はお互い作用していると考えています。

東洋医学では心臓に良い食材を使って胃をケアしていきます。消化吸収を助ける食材は素材に甘みがある食材です。具体的には牛肉、鶏肉、羊肉、卵、タイ、ウナギ、かぼちゃ、長芋、人参、大豆、レンコン、トウモロコシ、キャベツ、みかん、桃など白色〜黄色いものが挙げられます。

炭水化物やタンパク質をバランスよく含むものが多く、普段でもよく食べられる食材が多いです。

 

 

芯から温まる胃に優しい滋養強壮「鶏肉と長芋スープ」

鶏肉と長芋の薬膳レシピ

 

準備するもの(2人前)

・鶏肉手羽先 200g

・長芋 50g

・干ししいたけ 3g

・長ネギ 1/4

・生姜 1片

・シャンタン 適量

・塩コショウ 適量

 

薬膳レシピ

1鶏肉は一口大に切る、長芋はいちょう切り(厚め)、干ししいたけは水で戻して薄切り、長ネギは小口切り、生姜は細切りにする。

2)鍋に鶏肉と水400mlを入れる。鶏肉に火が通ってきたら、長芋、干ししいたけ、長ネギ、生姜を入れて10分程煮込む。

3)火が通ってきたらシャンタンで味付けし、塩コショウで整えて完成。

 

ポイント

今回はサンゲタンのアレンジバージョンとして、ご紹介。

サンゲタンは手羽先を使用しますが、食べやすさと料理のしやすさを考えて、鶏肉に変更してもOKです。生姜が入ってるので、食欲が湧き、体がぽかぽかしてきます。

 

まとめ

胃が痛いときは、おかゆばかりになっている人もいるのではないでしょうか。もちろん悪くはないですが、タンパク質がきちんと取れる食事も大切です。薬膳をうまく使いながら、料理の幅を広げてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加