からだの悩みや痛みの相談サイト

先週の訪問者:1371人 累計の訪問者:141259人

カテゴリ

過去アーカイブ

東洋医学から学ぶ 頭痛やめまいに効果的な簡単薬膳レシピ

簡単薬膳レシピ

 

頭痛やめまいが続くと辛いですよね。

お薬で症状を止めている状態では根本はなかなか解決しません。東洋医学では頭痛やめまいは、肝臓や腎臓に負担があるとされています。根本原因の症状を緩和する薬膳の知恵を取り入れて、健やかにしていきましょう。

 

 

頭痛やめまいの原因は

 

頭痛の原因は様々ですが、一般的な頭痛は、東洋医学では肝臓の役割になります。肝臓は気や血のめぐりを司るため、精神的なストレスで自律神経の乱れると、頭痛やめまいが起こす可能性がります。そんなときは薬膳を取り入れて、対処していきましょう。

 

 

頭痛やめまいに効果的な簡単薬膳レシピ

 

頭痛やめまいに効果的な食材

薬膳では肝臓を助ける食材は、酢の物や梅干し、リンゴ、すもも、ヨーグルト、ユズ、レモンなど酸味のあるものと言われています。酸味を食べることで、精神を和らげ、また肝臓の働きである消化を助けてくれます。

料理では酢の物が取り入れやすいですが、果物の酸味も有効的です。果物はクエン酸だけでなく、ビタミンやミネラルも豊富なので、体の体調やバランスを整えてくれますよ。

 

 

簡単薬膳レシピ「ゆずはちみつレモン」

頭の調子が悪いなと思ったら、すぐに飲める作り置きレシピをご紹介します。

いつでも取り出せるように時間がある時に作っておきましょう。

ゆずはちみつレモン

 

 

準備するもの

・ユズ 1個

・レモン 1/2個

・はちみつ 適量

 

 

薬膳の作りかた

1)ユズとレモンをよく洗い、半分位切ってから薄くスライスにする

2)ビンに交互に入れて、はちみつを流し込む

3)3時間ほど置いて完成。冷蔵庫に保管すれば1ヶ月ほどもちます

 

 

ポイント

はちみつを注ぐ時に、ビンいっぱいに流し込むのがポイントです。

あとはお湯やソーダ割りすると美味しく召し上がれます。ヨーグルトの上にかけて食べるのもオススメです。シロップなので、使い方はさまざま。普段の食生活にプラスして取り入れましょう。

 

作るのに少し時間はかかりますが、落ち着きたい時にすぐ使えるので、重宝します。

一つ作っておくと家族や友人に分けることができるので、周りにも喜ばれますよ。頭痛がひどくて、食事する気にもなれない…なんてときは、ゆずはちみつレモンだけでも、飲んでみてくださいね。

 

 

まとめ

頭痛やめまいが起こるときは、思った以上にストレスがかかっている証拠です。無理をするのではなく、ほっと一息ついて、身体を休めていきましょう。リンゴやイチゴを一口も効果的です。薬膳と上手に付き合って、頭痛を減らしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

カート