からだの悩みや痛みの相談サイト

先週の訪問者:678人 累計の訪問者:170806人

カテゴリ

過去アーカイブ

東洋医学から学ぶ 生理痛に効果的な簡単薬膳レシピ

簡単薬膳レシピ

 

生理痛は「プロスタグランジン」というホルモン作用で起こる、子宮内膜収縮によるもの。このホルモンの分泌量が多いと、子宮の収縮が強くなり痛みにつながります。また冷えによる血行不良も、痛みを増強する原因のひとつ。他にもストレスも生理痛を助長するといわれています。

対策としては、身体を休める、リラックスする、身体を温めるという方法があります。

身体を温める材料を使った薬膳レシピで、生理痛を軽くしていきましょう。

 

生理痛の効果的な薬膳レシピ

 

身体を温める食材

 

東洋医学では、身体を温める食材、冷やす食材、どちらでもない食材に分けられています。

身体を温める食材は、もち米、牛肉、羊肉、イワシ、アジ、ウナギ、エビ、長芋、里芋、かぼちゃ、玉ねぎ、ネギ、栗、みかん、味噌など。さらに身体を熱くする食材は、生姜、にんにく、コショウ、サンショウ、唐辛子、わさび、らっきょ、ニラ、大根があります。

冬野菜で土の下にできる野菜が、身体を温めてくれます。寒い季節はこれらの食材を取り入れて、冷え知らずの身体づくりをしてみましょう。

 

ポカポカ温まる薬膳レシピ「甘辛牛すじ丼」

身体を温める牛すじ丼

 

準備するもの(2人前)

・牛すじ 250g

・ショウガ 1片

・ニンニク 1片

・赤唐辛子 1本

・酒 100ml

・砂糖 大さじ1

・しょうゆ 大さじ2

・みりん 大さじ1

・ネギ 1/4本

 

薬膳の作り方

 

1)牛すじは水洗いしてから、鍋に入れる。かぶるくらい水を入れて、沸騰したら2〜3分中火にしてアクを取る。一度ざるにあけ、流水ですすぐ。

2)ショウガを薄切り、ニンニクはざく切り、赤唐辛子はへたと種を取る

3)鍋に牛すじとショウガ、水250ml入れ、沸騰させて中火で45分煮る。

4)そのあと、調味料、ニンニク、赤唐辛子を加えて時々かき混ぜながら、煮汁がなくなるまで30分ほど煮る

5)温かいご飯の上に盛り付けて完成。ネギは細切りにして、上にのせる。

 

ポイント

牛すじのニオイが気になるなら、2回ほどゆでこぼしする(ゆで汁をすてる)と軽減されます。紅生姜や卵をお好みで加えてもOK。甘辛煮の牛すじとショウガやニンニクが、体の芯から温めてくれますよ。

 

まとめ

生理痛を毎回味わうと、どんより暗い気持ちになりますね。

生理中だけでなく、普段からストレッチやお風呂につかる、冷やさない服装や温かい料理を選ぶだけで、随分変わりますよ。

薬膳レシピと材料を参考にぜひ試してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

カート