自助作用で生活リズムを整える東洋医学のQ&Aサイト

ログイン無料ユーザー登録

先週の訪問者 1319人
累計の訪問者: 7273人

カテゴリ

過去アーカイブ

「生活習慣の改善」と「むくみ体質の改善」で小顔になりましょう。

「生活習慣の改善」と「むくみ体質の改善」で小顔になりましょう。

 

 

顔がむくむ原因

思い当たることはないですか。

・糖質の多い食事

・睡眠前の水分の多量摂取

・タバコを吸う

・片方だけで噛む癖

・スマホ等で姿勢が悪い(前かがみの癖がついている)

これらの生活習慣を改善するだけでも小顔になることができます。

糖質の多い食事や睡眠前の水分の多少摂取も顔が浮腫む要因となり、また片方だけで噛む癖は、骨格の歪みや、頬のたるみやむくみ、首筋や肩のこりも血行が悪くなり、顔が浮腫む要因となります。

血行が悪くなる=水分がたまる=顔がむくむ原因となる。

喫煙も同じことが言えます。

これらの生活習慣の改善だけでも小顔を実現できます。

 

浮腫み体質の改善と東洋医学

 

美容鍼の小顔矯正効果

東洋医学のひとつで長い歴史がある美容鍼は、筋肉と神経に刺激を与えて、小顔へと導きます。

「リンパの流れがよくなり、むくみが解消でき肌のツヤ感が増し、実年齢より若く見られるようになった」など、美容鍼の施術効果を実感している人が多くなってきています。

アンチエイジング効果だけでなく、肩こりや頭痛の改善、ドライアイの解消、冷え症の改善など健康面でのメリットもあります。

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層から成り立っていますが、美容鍼は真皮まで届き、自然治癒力を促すため、小顔効果やリフトアップ効果が期待できます。

 

小顔効果のあるツボ

小顔のために効果のあるツボは、目のまわりなどにも多くありますが、自分でやみくもに押すと色素沈着を招いたり、目に余計な刺激を与えてしまう可能性もあります。

できればプロの手を借りて、正しい位置に刺激をおこなってもらうのが理想ですが、自分でおこなう場合は、ツボマップなどを参考にして、ソフトに刺激するようにしましょう。

 

 

・頬車(きょうしゃ)

両あごのエラの角の部分から1センチほど下にあり、歯を食いしばると筋肉が盛り上がるところがつぼです。

自分でおこなうときは、ひとさし指と中指の腹で押します。刺激のリズムは5秒押して5秒休むを5~6回くり返します。

習慣化すると、フェイスラインがスッキリします。

 

・四白(しはく)

黒目の中心から目から1㎝ほど下で、頬の少し上です。

この部分は老廃物や脂肪がたまりやすいので、自分でマッサージをするときはひとさし指、中指、薬指の腹を使ってゆっくり円を描くようにしてほぐします。

頬のたるみや目の下のたるみが取れるとともに、目の疲れも解消できます。

 

・上廉泉(かみれんせん)

このツボを押すと、二重あごの解消や首の贅肉をとる効果があります。

自分でおこなうには、顎をあげて首の筋を伸ばし、親指の腹を当てて押し上げます。

あごや首は年齢の出やすい部位なので、洗面の時の習慣にするとよいでしょう。

 

・巨りょう(こりょう)

鼻の穴から指二本分取ったところを左右それぞれのひとさし指の腹で5秒ほど押し上げ、ゆっくり離します。これを10回ほどくり返します。

顔のコリやこわばりが取れるとともに、小顔効果が期待できます。

 

・魚腰(ぎょよう)

黒目の上で眉毛のちょうど真ん中あたりがツボです。両手の親指で左右両方のツボをゆっくり押すと、目元まわりのむくみやたるみ解消効果があります。

 

・球後(きゅうご)

ツボの場所は、目尻の手前間にある骨のくぼみの位置です。

このツボは、眼の疲れやまぶたの痙攣などにも効果がありますが、強く刺激せずにそっと押します。目のまわりのたるみやしわを解消します。

 

 

漢方や食材で小顔になる

カリウムが多く含まれる食材は、ホウレン草、アボカド、わかめ、大豆、バナナなどです。カリウムは、むくみの原因となる塩分や水分を体外へ出す働きがあります。

また、大豆や卵、豚肉、魚介類に含まれるアミノ酸には小顔効果が期待できます。

うなぎのかば焼きやアーモンド、ヘーゼルナッツなどのビタミンEを含む食材も血行促進効果があるので摂取するとよいでしょう。

その他にも、疲労回復や代謝アップ効果があるクエン酸を含む梅やオレンジ、グレープフルーツ、レモンなども小顔作りに効果があります。

利尿作用がある飲み物は、コーヒーや紅茶、ウーロン茶、緑茶などです。

また血行を促進する作用のある紅花茶や、燃焼効果があるプーアール茶、漢方薬では肩こりなどにも効く葛根湯、脂肪燃焼効果がある、防風通聖散が適しています。

 

姿勢と顔のむくみ

姿勢が悪くなると血液やリンパの流れが滞り、これによって「むくみ」が起こります。また、背中の筋肉が後頭部を通して引っ張りあげている表情筋(顔の筋肉)は、姿勢悪化によって背中筋肉が衰えると凝り固まってしまい、リフトアップ効果が弱まってしまうのです。さらに猫背は、頭が前方へ倒れた状態のため、重力が顔の筋肉に直接影響します。すると皮膚がたるんでしまい、ほうれい線が目立つようになってしまうことにもあります。

 

 

まとめ 

小顔になるためには血行促進と水分代謝アップが欠かせませんが、特に顔だけではなく全身の代謝をアップすることが大切です。

日常の生活でもシャワーだけですまさず、全身浴を取入れたり、適度な運動や体を温める食事を摂ることも大事です。

即効性を求めるなら、美容鍼も検討してみましょう。