自助作用で生活リズムを整える東洋医学のQ&Aサイト

ログイン無料ユーザー登録

先週の訪問者 351人
累計の訪問者: 4145人

カテゴリ

過去アーカイブ

腰痛 鍼灸治療

腰痛を和らげる・予防する方法

 

国民病とも言われる腰痛ですが、そのうちの約8割が原因不明と言われています。

あとの2割が腰椎椎間板ヘルニア、脊椎分離症、急性腰痛症(ぎっくり腰)などです。

運動不足や太り過ぎ、ストレスなどでも腰痛を引き起こすことがあり、腰痛を改善する民間療法も色々ありますが、はっきりとした根拠はなさそうです。

しかし、東洋医学の中の鍼灸治療で腰痛が軽減した人は多いようです。

 

 

なぜ腰痛に鍼灸治療が適しているのか

レントゲンやMRIでは異常がなく整形外科でも病名がつかず、「それでもやっぱり痛いものは痛い」と、鍼灸や整骨、カイロプラクティック、整体、あんま、マッサージなどに救いを求める人は多くいます。

その他にもヨガやピラティスなどの運動を取りいれる人もいます。

どれもそれぞれ効果は期待できますが、鍼灸の場合は腰痛に効果がある命門、腎兪、志室などのツボを、ダイレクトにかなりの深部まで刺激するため、より効果的に痛みの改善が期待できます。

腰痛の人の8割が原因不明とはいえ、長時間同じ姿勢を取り続けたり、片側の肩や手だけで重いカバンや荷物を持ったりしているはずです。

腰に痛みがあるということは、体はかなり無理を強いられ、背中や腰の筋肉はコリ固まって、悲鳴をあげている状態なのです。

原因不明の腰の痛みのほとんどは、生活の中での不自然な姿勢からくる背中や腰の筋肉のコリが原因です。

 

腰痛の鍼灸治療の流れ

はじめて鍼灸治療を受けるときはやはり不安が伴いますが、実際におこなわれる治療の流れを前もって知っておくと安心できます。

まず、問診票を書くとカウンセリングがおこなわれます。

治療は腰を中心に鍼を刺して施術されますが、腰から遠い手や足のツボも鍼を刺して刺激することもあります。

治療後は治療内容の報告を聞き、今後の方針や家庭でのセルフケアの方法などのアドバイスを受けます。

 

・副作用の心配はないの?

人によっては施術後に疲労感や倦怠感を感じたり軽いめまいやふらつきが起きることもありますが、一過性のものです。

 

・鍼灸師は国家資格が必要です

高等学校卒業後、鍼灸専門学校または鍼灸短期大学、鍼灸大学などで各種の医学や技術を取得し、卒業試験に合格した後、国家試験に合格する必要があります。長い歴史を持つ鍼灸は安心できる治療法です。

 

 

ぎっくり腰に鍼灸治療は効くの?

ぎっくり腰とは急性腰痛症とも言い、重いものを持ち上げたり、何かの拍子に腰をギクッとひねったときに激痛が走るのがぎっくり腰です。

腰を伸ばすことができず、前かがみでゆっくりしか歩くことができなくなります。ひどい場合は、身動きできない状態になることもあります。

中には鍼灸治療を受けてすぐに痛みが改善する人もいますが、完治するまでには2週間近くはかかるようです。

何度もぎっくり腰をくり返す人は、腰回りの筋肉が緊張して、コリかたまっているからです。

しかも、単なる筋肉痛の原因となる表面的な筋肉(短硬化筋肉)だけでなく、さらに奥にある筋肉(長硬化筋肉)が硬化していると考えられます。

この奥の筋肉を柔らかくしないと、ぎっくり腰などの腰痛はくり返してしまいます。

消炎鎮痛剤や筋弛緩剤では一時的に痛みが抑えられても、根本的な治療にはなりません。鍼灸治療では、深部まで刺激が伝わるので、筋肉がほぐれてぎっくり腰が起きにくくなります。

 

自分でも押せる腰痛の予防と改善のツボ

ひどいぎっくり腰でなく、違和感を感じる程度なら自分でゆっくりツボを押してみましょう。

腰は上半身と下半身をつなぐ要の大切な部位です。

長時間のデスク作業が続く場合は、トイレタイムなどにツボを押して体をケアしましょう。

 

・立ったまま1分でおこなえるツボ押し

 

命門(めいもん)は、

おへその真後ろにあり、そこから指2本ずつ右と左に行ったところに腎兪(じんゆ)のツボがあります。さらに腎兪(じんゆ)から指2本ずつ右と左に行ったところが志室(ししつ)です。

この3点を両手を後ろへまわして親指の腹でゆっくり20秒ずつ中心の命門から腎兪、志室とおしていきます。

 

・寝ておこなうツボ押し

テニスボール2個をビニールテープで固定して、これを腰に当てて寝ころんで刺激します。

 

腰痛で考えられる病気

腰痛の症状は、様々な病気に見られます。

腰椎椎間板ヘルニア、脊椎分離症、脊椎分離すべり症、脊柱管狭窄症といった整形外科的な治療が必要なものから、腎盂腎炎、尿路結石症、など内科や泌尿器科分野の治療が必要な病気もあります。

その他にも、卵巣や子宮に問題がある場合も腰痛を引き起こすことがあります。

 

 

まとめ

鍼灸によるツボの刺激は血液の流れをよくし、筋肉の緊張感を和らげる働きがあります。

日本人の多くが原因不明の腰痛で悩んでいますが、整形外科でも病名がつかなかった腰痛は、東洋医学の鍼灸治療を試みてはどうでしょう。

しかし、中には腰痛が原因の内科的な病気が隠れていることもあるので、専門の機関で診てもらうことも必要です。

健やかな日常生活を送るためには、肝心要の腰を大切にしましょう。